ヅカ女子日記(仮)

思ったことをぼちぼち書いていこうと思います。

キムシンの魔法

 

今日、何気なくスカステを観ていたら、壮一帆さん主演の「オグリ!」やってました。

 

初めて観たんですが、濃い〜〜タイプのキムシン作品。スサノオとか思い出しました。

 

とにかく、「〜でした」「〜ました」な説明コーラスがあったり、突っ込まずにはおれない謎の特大馬オブジェがあったり、もう話の筋よりそっちが気になって気になって。

 

なんなのでしょう、見始めて1分で「あ、キムシンや」って分かるやつですよね。

 

 

そして思ったのがですね、壮さんとキムシンの調和性はやっぱり高すぎる。なんだろう、細かいことはいーじゃねーか!!みたいな力技と言うんですかね(繊細さがないとかではないですよ!!断じて!!)。

 

というのもね、そこかしこで「謎のタイミングで拍手」というのがあって、たとえばオグリさん(壮さん)の父親が、蘇って戻ってきたオグリさんが本物かどうか確かめるために、弓を放って、オグリさんに捕まえさせるという荒業をやるんですけど。

 

オグリさんが弓を捕まえるたびに客席から「おぉっ」みたいな拍手が。

 

…っいやなんでやねん!!!( ゚д゚)

 

飛んでない弓だって、ちゃあんと飛んでるように見える。この公演期間中いかに多くのファンがこのキムシン×ソウカズホのタッグによる洗脳…いや魔法にかかっていたか感じさせられましたよ←

 

あと、野々すみ花ちゃんのヒロインね。てるてひめ(名前可愛い)。ほんと、ただ立っているだけで雰囲気のある人なんですが、あまりに美しすぎて足止め喰らいすぎるからって顔に墨塗って狂人のふりする場面があるんですよ。

 

いいのか!いいのかそれで!!

 

…いいんですよね(納得)

 

あくまでヒロインらしさを失わないというか、やっぱりチカラのある人だったんだなぁと。

 

最近だとゆうみちゃんですが、憑依型のお芝居するのに品を失わない娘役さんって結構レアなのかな。難しいよね。

 

 

なんの話でしたっけ。

 

 

キムシンはスゴツヨって話でした。

 

 

そういや最近はオリジナルやってませんよねキムシン。いまのトップコンビなら、紅あーちゃんにぶちかまして欲しいかなぁ、なんてうっすら思いました。えへへ。

 

 オチなし!!